2011年07月21日

自分との対話

DSC00482s.jpg


久々にハートレイトモニター(HRM)を購入しました。

欲しかったGPS機能付きのモデルです(嬉)

妻の説得するのに少々苦労しましたが、ボーナスが出たタイミングを選んだので・・・何とか説得できました!



トライアスロンを始めてからポラールのHRMを使っていましたが、7年ほど使用して故障しそのままになっていたので、今回買い換えました。

HRMには時間と心拍を測るシンプルなものから、GPSなど多機能つきのものまで多くの種類があります。

GPS機能がついているとHR、ランニング時間に加えて、走行距離やペースも表示されます。

さらに走ったコースや標高データなどを後からPC上で確認して記録に残せるのです。

通常のランニングだけであればGPS機能は不要と思っていましたが、最近はトレランにも行くので走ったコースを後から地図上で見られるのが魅力でこれを選びました。



長距離レースに向けたトレーニングにおいてハートレイトモニターはたいへん有効です。

そのメリットをいくつか書いてみます。


1)効果的なトレーニングができる

トライアスロンを始めた当初は「苦しいほど良い練習のはず!」と勘違いしていましたが、チームメンバーからのアドバイスでHRMを使うようになりました。

実はゼエゼエする心拍でのトレーニングよりもターゲットゾーン(心拍数)でのトレーニングの方がはるかに効果的なトレーニングになることを理解し経験したからです。

一般的には、最大心拍数=220−(年齢)であり、その70%〜80%で運動を続けると有酸素運動能力を向上できます。

私の場合の80%負荷は (220-44)×0.80で141となります。

実際に走ってみるとわかりますが、70〜80%の負荷はかなり軽いです。

はじめは「こんなんで練習になるの?」と疑問を感じますが、続けていればその効果を実感できます。

HRMの種類によってはターゲットゾーンの上限、下限でのアラーム設定もできるのでとても便利です。



以前、故佐々木功監督が日本マラソン界に「LSD(long,slow,distance)」を紹介し、数多くのランナー、ジョガーに多大な影響を与えました。

「LSD」とは文字通り「時間をかけて、ゆっくりと、長い距離を」走ることです。

LSDを行なうことで、身体の末端の眠っている毛細血管を目覚めさせることができます。

そして競技能力を向上させることが可能となるというのが佐々木さんのLSD理論でした。

この理論を一番弟子であり、佐々木監督の奥さんでもある浅野えり子選手が実践し、1994年の名古屋国際女子マラソン優勝など数多くの好記録を出しました。

今では常識となっている理論ですが、無理して故障することを防げるという意味でもたいへん有効な理論であると思います。


私もフルマラソンの準備としてLSDを取り入れていますが、私の場合は1q7分程度で30q程走ります。とてもゆっくりです。

その他に30q以上の練習やスピード練習はほとんどしませんが、フルマラソン当日は1q5分のペースが維持できるようになるので不思議です。

LSDはお勧めです。



2)負荷のかかり具合が定量的にわかる

人間の心拍は良くできていて、登り坂などで負荷がかかるときちんと心拍が上昇し、下りではきちんと下降します。

また、体調が良くない時や、久しぶりの練習時は同じコースを同じペースで走っても心拍がいつもより高くなります。

そして練習を数回続けると、きちっと心拍のレベルが下がります。

HRMをつけていると身体の精密さに驚くとともに、これだけ精密な身体なのだから自分自身でもしっかりコントロールしてあげる必要があると思うようになります。


今日も定番練習コースを走りましたが。久々の練習であった前回は平均HRは157で苦しかったです。

でもその後、2週間程度練習を続けていたので、今日はペースが前回より少々速いにもかかわらず平均141でした。気持ちにも余裕がありました。



3)無理して故障するのを防ぐことができる

レースが近づいたりするとどうしても無理をしがちですが、HRMで心拍を管理していれば、心拍がアラームを出してくれるので故障を未然に防げます。



年齢が上がってくるほど故障も起こりやすくなるので、HRMを通して自分の体と対話して、安全で効率的なトレーニングを続けていきたいと思います。

そうすることで、トライアスロンライフを今後も長く続けることができると思うので・・・




posted by あぐり at 22:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 道具 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月15日

ニューバイク

DSC00237.JPG


11年ぶりにバイクを買い替えました。

ということで、本日は城ケ島方面へ試走へ。



「イタ車のこのメーカーでないとヤダ」と言うようなこだわりを持っているわけではないので、いつも自転車関係でお世話になっているH田さんに相談し、H田さんお勧めのこのバイクを選びました。


選んだ際のポイントは以下2点。


@バイブリッドフレームであること

前々(自分にとっての2代目)のアルミフレームバイクはそのフレームの固さから長距離時に体が疲れ易かったので、3代目バイクはシートステーとチェーンステーがカーボンのハイブリッドフレームを選びました。

これがとても快適だったの、今回(4代目)もいくつかあるグレードの中からシートステーカーボンのモデルを選びました。


A装備の割に割安な値段

メインコンポULTEGRA、MAVIC KSYRIUMホイルなど充実した装備にも関わらず、10万円代前半と値段が安い!

もちろんH田さん経由だからこその特価ではあるのですが、17年前に初めて買ったパナソニックのクロモリフレーム+105コンポが10万円超だったのを考えると、かなりの割安感です。

最近のコンポは性能も良くなっているので、私レベルであれば105でも十分なのですが、今回買うとまた10年は乗るし、自分へのモチベーションにもなるのでワンランク上を選びました。

10年後ということは50歳代?・・・あまりその年齢のことは考えたくないですね・・・


最近は自転車自体の需要も増えて市販車も全体的に性能の割に割安になってきてますよね。
良い環境です。




試乗して一番感心したのは27インチの安定感です。

これまで乗ってきた26インチに比べて直進安定性がとても良く、手放しできそうなくらいです。

10年前はトライアスロンバイク=26インチのブームがありました。最新トレンドがわかるというハワイアイアンマン出場者バイクでも最近は27インチがメインになってきたようです。

26インチももちろん、漕ぎ出しの軽さや小回りの容易さなどメリットはあるのですが、部品選択の自由度などを考えると今後は27インチかな?と思います。



今回、バイク自体を安く買えたので、アクセサリーを少々奮発し、シートバックボトルホルダー、予備チューブバック、サイクルコンピューターなどをネット調達しました。

中でもサイクルコンピューターはケイデンス(クランク回転数計)付きで優れモノです。

DSC00275.JPG


左側足元のステーに取り付けたセンサーが後輪とクランクそれぞれのマグネットを読み取ります。さらにワイヤレスなので配線も一切なくシンプル!

DSC00242.JPG


回転数を意識したぺダリングが自分の課題でもあるので、この優れモノを活用して練習に励みたいと思います!



posted by あぐり at 22:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 道具 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月20日

Kappa 4DM

横浜ベイサイドマリーナへジーンズを買いに行ってきました。

最近のジーンズはまた上が浅いモデルが多いです。
かっこいいんだけどおなかの出っ張りが目立つんだよね。

「絶対痩せてやる」という気持ちをこめて買っちゃいました。

Kappaの店で4DMタイツ買いました。
今のやつはトライアスロン始めたころから12年も使っていて
くたびれてきました。
でもこのタイツのおかげで大きな膝の故障がないんです。
感謝してます。

新しいものはハリが良いです。

さっそく使用して25kmほど走ってきました。
快適です。
posted by あぐり at 20:02| Comment(0) | 道具 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月16日

やらなかった・・・

今日も走ろうと思っていたのに、調子の悪いパソコンを直してたら夕方になり、Runに出られなかった。

そもそも午前中に走りに行かなかったこと自体が失敗です。
いずれにしても「言い訳」です。

先日TJで紹介を見てアマゾンで買った「茄子スーツケースの渡り鳥」
(DVD)が届いていたので、夜に息子たちと一緒に見た。

雨のついた眼鏡を通したライダー視点の映像や、ギヤを2枚下げて
加速する動作など、さすが自転車乗りの高坂希太郎が作者だけのことはあり、楽しめました。

前作、「茄子アンダルシアの夏」に引き続きお気に入り映画になりました。

DVD見てたらバイク乗りたくなりました。

今度の土日に乗ろうかな。


<本日の練習>

 DVDでのバイクイメトレのみ(笑)
 
posted by あぐり at 23:46| Comment(0) | 道具 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。