2011年07月06日

トライアスロンが教えてくれたもの その3

チームjoy2.JPG


(写真は2008年アイアンマンジャパン五島長崎)



トライアスロンをやってきて得られた魅力その3です。



3.タイムマネジメント力

「サラリーマンで忙しいのに3種目も練習しなければいけないトライアスロンをよく続けられるね?」という質問もよく聞かれます。

でも私は苦労しているという実感は全くありません。それはトライアスロンを始めてから「時間の使い方」をとても意識するようになったからです。

限られた時間の中で3種目の練習をこなすためには時間管理が不可欠なので、自然と時間を大切に使うようになりました。



私の練習計画は大きな大会を申し込んでから始まります。

一年中規則正しくトレーニングを続けられる人を私はたいへん尊敬します。

でも、飽きっぽい私には無理なようなので、私の場合は具体的な目標レースを決めてから、その大会までにやっておかなければいけないことを整理して練習計画を立てて実行します。

必要に応じて朝ランや通勤バイクなどを取り入れたり、会社帰りにプールへ寄ったりと工夫します。

基本的には立てた計画に基づいて練習しますが、時には雨でバイクに乗れなかったり、膝に不調を感じたりと変化もありますので、その都度計画を見直して対応します。



「3種目も練習はたいへんでしょう?」

と聞かれることもよくありますが、3種目だからこそフレキシブルに対応できるのです。


膝に痛みがあればランはやめてバイクに切り替えたり、雨でバイクに乗れなければスイム強化日に切り替えたりと3種目あるからこそ変更も容易です。


種目は変わっても各種目のトレーニングは相互に相乗効果があるので、変更も無駄になりません。


飽きっぽい私にとっては、このようにフレキシブルに切り替えられる練習はとてもあっています。


1種目だけだったらきっと10年以上も続けることはできなかったでしょう。


自分の立てた計画に沿って準備をして、満足のいくレース結果を得られた時は、この上なく嬉しいですよ。





ここ最近「やりたいこと」が特に増えてきたので、年間を通して計画が立てられるようにA4サイズの計画表を自作して、毎日持ち歩いています。

DSC00454.JPG


1枚に6ヶ月分書けるので1枚で半年、2枚で1年間の予定が見渡せます。


この計画表には参加予定の大会やイベントや練習実績、大会の申し込み期日など書き込んでいます。
その他の趣味や家族とのイベントも全部書き込みます。

一枚で見ることで、「この時期はラン強化」「この時期はバイク長距離練習を入れて・・・」と、年間を通しての取り組みイメージが組み立てやすくなります。

また、各大会に向けての準備状況も客観的に見えて、時には「大会の入れすぎ」にも気づきます。


でも、「大会が近づいてるのに練習が足りてない・・・」という気づきが最も多いのですが・・・汗


エクセルで自作した表なのですが、とても役に立っています。






その4へつづく


posted by あぐり at 22:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 気づき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/213587338

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。