2010年10月23日

第18回日本山岳耐久レース(装備と補給食)

装備と補給食について記録に残しておきます。

1.服装と携帯品

スポーツキャップ
サングラス(レンズクリア)
発汗保湿機能下着
トライアスロン用ジャージ
ウィンドジャケット(モンベル)
アームウォーマー
kAPPA4DMタイツ
タンパン
靴下
トレランシューズ(アディダス)
スパッツ(モンベル)
グラブ

ヘッドライト GENTOS HW833XE
ハンドライト GENTOS  SG355B
地図ポーチ
地図用ミニライト

ザック(モンベルクロスランナーバック7)
リザーバータンク
ペットボトル
雨具上着
予備電池
クマヨケ鈴
コンパス
携帯電話
ティッシュ
バンドエイド
ゴミ用ビニール袋

補給食


2.携帯した補給食と使用実績

おにぎり 大×2 小×1
SOYJOY ×5
ウイダーインゼリー ×3
カーボショッツ ×5
アミノバイタルゼリー ×2
アミノバイタル スティック ×5
塩飴 ×7 (未使用2)
キャラメル飴 ×5(未使用3)
フルーツアメ ×5 (未使用3)
M&Eチョコ小袋 一袋 (未使用1袋)


*カーボショッツ(ショッツエナジー)をはじめトレラングッズ各種。ここで買えます。
TrailRunning Shop スカイトレイル


3.補給パタン=「ご褒美作戦」

45分毎での補給を基本とし、主補給と副補給を交互に繰り返しました。
主補給(90分毎)では、おにぎり、ウイダーゼリー、SOYJOY、カーボショットのいづれかを取ります。

後半は消化力が劣るので、おにぎりは前半で食べて、高い山へのアタック前にはカーボショットを使いました。

副補給では、主補給の合間にアミノバイタル、キャラメル、飴、塩飴などを体調に応じてとります。

「あと45分走ったらあれ食べよう!」などとご褒美を設定しておくと、単純な私は頑張れるのです。


4.給水パタン

ハセツネは第2CP及び天然の水場でだけしか水が補給できず、前半はすべて自分で持っておかなければなりません。
そのため、何をどれだけ持つのか?どのように給水していくのか?がとても大切です。

今回はリュック内のハイドレバッグに2Lのポカリと、500mlの水をペットボトルを持ちました。

ポカリは通常の濃度だと濃すぎて逆にのどが渇くので、1L用の粉末を2Lに薄めます。

飲む量は基本的に1回2口までとし、頻度は「チョイ我慢」をしてから飲むようにしていました。

チョイ我慢とは「飲みたいな」と思ったその場では飲まず、昼間であれば「じゃあ、この登りを登りきったところで!」とか、夜間であれば「この先赤点灯2つ目を超えたところで!」とか飲んでもいい目標(ご褒美)を自分で決めて我慢するんです。

今回のレースもこのパタンのおかげで、第2CP到着までの水分補給量はポカリ1.5l、水0.25Lで済み、余裕がありました。

私はこれを「ご褒美作戦」と自分で呼んでますが、単純な私には良いやり方のようで、トライアスロンレースやフルマラソンの時にもこの作戦を使ってます。


posted by あぐり at 21:30| Comment(0) | TrackBack(0) | レース記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/168459570

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。