2011年08月10日

富士登山

DSC00675.JPG


この夏のイベントとして親子3人で富士登山に行ってきました!


今回選んだのは須走ルートです。

@人気の吉田口に比べて混雑が少なめ
Aこの日はマイカー規制が無く五合目まで自車で行ける
B八合目からでもご来光が正面に拝める
Cこれまで利用したことがない
D砂走りを駆け下りてみたかった

以上が私が選んだ理由です。
(息子たちは初めてなのでどのルートでもいいんです)

まずはあざみのラインで須走五合目へ向います。

須走口は駐車場が狭いため、満車になると下り車線の路肩駐車となります。

到着した昼時には駐車場は満車で、さらに2qほど路肩駐車が並んでいました。

荷物だけ降ろそうと五合目最上部まで登ってみると、運良く上から3台目の車が出発し最高な場所に駐車できました。超ラッキー〜
DSC00516.JPG


準備後、登山口で金剛杖を一本買って、いざスタート。
DSC00521.JPG

六合目に行くまでに早くも二男が靴擦れをおこしてペースダウン。

履き慣れていない登山靴なので靴擦れは想定内でしたが、こんなに早くになるとは思いませんでした。

応急処置はしましたが、この先も本人にとっては辛い登山になりそうです。

六合目到着

二男がポテトチップスの袋の厚さを測っています。

どうだ!
DSC00548.JPG


今回の登山を機会に「ポテトチップを富士山頂に持って行くとどうなるのか?」
を夏休みの自由研究のテーマに選んだそうです。

発想が面白いです。



途中から雨が降り、雨具を装着して進みます。

二男の足はかなり痛そうですが良く頑張ってます。

虹に向かって槍を投げる元気はまだあります。
DSC00543.JPG


本六合目到着
DSC00546.JPG


元気で快調な長男はすでに出発してしまってました。

ポテチは「現在11cm!」だそうです。

膨張3兄弟!
DSC00565.JPG


雨もあがり蒸し暑くなる中、二男頑張ります。

七合目で長男が待っててくれました。

1時間も待たされたので普段なら怒鳴る場面ですが、弟が靴擦れしながら頑張っているのがわかっているせいか今日は怒りません。
それどころか、「足が痛いんなら、もう一枚靴下履いてクッションにしてみろよ」とアドバイスしてくれてます。
普段はあまり見せない優しい兄貴の姿です。


そして再出発。

はじめは一緒に歩きますが、ペースが違うのですぐに兄は見えなくなります。
DSC00572.JPG


だいぶ登ってきました。本七合目到着。
DSC00581.JPG


さらに登り、雨の中、八合目へ到着。

今夜の山小屋は本八合目なのでもう少しです。

足も限界に近いと思いますが、二男は弱音を吐かずゆっくりですが前に進みます。
けっこう根性あるね。



もう少しで本八合目というところで、前方に閃光とともに爆発音が轟ききました。

斜面で落雷地点に煙が出ています・・・
DSC00592.JPG

何にもない斜面に雷が落ちたのです。これには私も二男もびっくり!

「雷って平地にも落ちるんだ・・・ということは人間にも??」

このあと、山小屋までペースを早めた2人でした。


ということでやっと山小屋に到着!ご苦労さん!
DSC00602.JPG


私にとっても山小屋は初めてでしたが、噂どおり食事は質素です。
山小屋ですので贅沢は言えませんね。
DSC00608.JPG


でも、全然足りないので食後3人で山小屋の外で持ってきたおにぎりを食べました。
持ち込み禁止なので・・・

さらに、寝床は噂以上に狭くて隣の人と肩をぶつけながら寝ます。
DSC00605.JPG


山小屋の人が「みなさん、熟睡すると呼吸が浅くなって高山病になりやすいので、夢見る程度の浅い眠りにしてください」と言っています。

でも、そんな器用な寝方できません!


消灯して30分ほどしたら二男の気分が悪くなり、もどしてしましました。

頭痛を伴う典型的な高山病です。

高山病は下山しない限り治らないので、朝まで辛抱して下山するしかありません。



寝床に戻ると再度気分が悪くなるので、私と二男だけ玄関のそばで朝まで過ごしました。

寒くて寝られないので、すっかり寝不足です。



夜中1時〜2時にかけて、山頂ご来光を目指す団体が出発していきました。

この山小屋は須走口登山道と吉田口登山道の合流点にあるので、外は大混雑で交通整理員まで出ていました。

そして、朝4時50分ころ日の出を迎えました。

DSC00613.JPG


やや雲がかかっていましたが、素敵な光景です。

山の上を見上げると9合目や頂上からも大勢がご来光を拝んでいます。




準備後出発です。

DSC00629.JPG


二男は本人の希望もあり、7合目まで自力下山としました。

長男と私はリュックを山小屋に預けて軽装で頂上への往復したうえで二男を追いかけることとしました。


頂上まで長男と2人で早足で上がります。父同様に負けず嫌いの長男は意外とタフで、いいペースで登ります。

DSC00637.JPG


あまりにパワフルなので「来年一緒に富士登山競争出よう」と誘いましたが、「やだ」の一言で拒否されてしまいました。

須走口頂上まで約40分で到着後、そのままお鉢を一周して、影富士、最高地点、郵便局などで用事を済ませます。

DSC00641.JPG


影富士
DSC00647.JPG


最高地点。お決まりの一枚!
DSC00650.JPG


結構日差しがきついです。
DSC00656.JPG


二男の宿題であったポテチは持ってこられなかったので、代わりにm&mのパッケージを撮影し下山します。
DSC00663.JPG


下りも長男は早く、逃げ切られないように必死で追いかけます。

下りを走っているのは私達2人くらいでした。

本8合目でザックを回収して7合目まで一気に下ります。


7合目では予定通り二男が待っていました。待たせてごめんね〜

標高が下がったので元気も戻ったようで、待っている間にお菓子や宿でもらった弁当などペロリと完食していました。
DSC00667.JPG


ここからは下りのメインイベントの砂走りを下ります。

身軽な息子たちはあっという間に見えなくなりました。

一歩で2.0m位進めます。これは楽しい!

DSC00668.JPG


楽しい下りはあっという間で600mを一気に下って砂払い5合目到着。

残りは林の中を歩いてゴールの5合目到着です。

DSC00672.JPG


帰りに御殿場の御胎内温泉健康センターで汗を流しました。

この温泉は初めて行きましたが、屋外に広い露天ぶろや檜ぶろなども充実していて500円/3時間。

おススメです。


久々に息子たちとじっくり一緒に過ごした楽しい2日間でした。

























posted by あぐり at 13:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。