2011年07月08日

トライアスロンが教えてくれたもの その5(さいご)

FH000030.JPG


(写真は宮古島東平安名崎付近の応援の方々。ありがとう!)


いよいよ最終、その5です。



5.人への感謝


自分自身の意思で始めたトライアスロンですが、私がこの趣味を続けられるのも、周囲の人々の協力があってからこそであると強く感じています。


・トライアスロンは健康でなければできません。

・バイクなど道具の購入やレース出場など経済的にもそれなりの余裕がなければできません。

・練習も含めて、この趣味にかける時間を確保できる環境がなければできません。


これだけの環境を整えることができるというのは、そのこと自体たいへん幸せなことです。


そして忘れてはならないのは、これらの環境は家族、会社の仲間、チームメンバーなど周囲の多くの方々の理解と協力があるからこそ成り立っているということです。

最近は、レースの出場するとスタート前の浜辺で「ここに自分が立つことのできる環境にありがとう。それをサポートしてくれている全ての人にありがとう」と必ず言います。

レースのスタートラインに立てること自体がとても幸せなことなのでですから。



また、それぞれのレース自体も多くの大会関係者、ボランティア、地元の方々の協力があって成り立っており、毎回感謝です。


トライアスロンでは沿道からの応援が選手への大きな力となります。

特にロングレースでは丸一日のレースとなりますが、一日中沿道で声を出して応援してくれている人もたくさんいます。


昼ごろに応援していてくれていた人が、夕方になっても同じ場所で応援しているのを発見すると感動します。

走っている選手もたいへんですが、同じ場所で何時間も声を出して応援してくれている沿道の応援者はもっとたいへんなはずです。

私は毎回、「ありがとう」と応援に応えるようにしています。
苦しくて声が出ない場合でも、心の中で必ず言います。


FH010030.JPG

(写真は宮古島ラン30q過ぎに毎年いるシーザー。暑いのにありがとう!)


ロングのトライアスロンは「完走者全員が勝者」と言われていますが、私は選手だけでなく運営者、ボランティア、応援者も含めて全員が「勝者」であるといつも思っています。



これまで5回にわたって「トライアスロンが教えてくれたもの」を書き出してみました。

教えてもらったものはまだ他にもたくさんあると思いますし、これからも多くのことを学ぶと思っています。



今後もこの素敵なスポーツをマイペースで続けていきたいと思います。

また、このスポーツをやってみたいという人がいれば、できる限りのサポートをしていきたいと思います。

チャレンジする人、大好きです。

全力で応援します!




posted by あぐり at 23:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 気づき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。