2011年06月26日

北丹12時間山岳耐久レースの試走

DSC00419.JPG


来週7/3開催の北丹の試走に行ってきました。

昨年はチームメイトの試走にお付き合いで行きましたが、今年は自分自身がエントリーしているので、本番を想定しながらの試走でした。


本番は44.2qですが、今日は試走なので一部ショートカットして33kmをレース参加予定のチームメイト4名で走ってきました。

この大会は「ハセツネカップ」「富士登山競争」とならぶ”関東3大山岳レース”であり、さすがにコースもきついです。

長い登りと長い下りの組み合わせのため気楽に走れるところが少ないんです。


朝9時過ぎにスタート地点の青根緑の休暇村をスタート。

昨日まで降っていた雨も上がって、暑くもなく程よい天候でした。



前半のヤマ場は神之川キャンプ場から鐘撞山を経て県境尾根分岐までの5q高低差780mの登りです。
DSC00418.JPG


その後の神之川ヒュッテまでの一気に700m下ります。

向こう側に見える山がこれから向かう姫次です。ひゃ〜遠〜い!

DSC00426.JPG


後半は神之川園地から姫次までの820mの登りで1時間40分間登り続けました。
DSC00436.JPG


標高1400m超のため、眺望最高です。
DSC00443.JPG


そしてゴールまでの延々の下り、下りは楽そうですが実は、一歩一歩が足にダイレクトに負担がかかるためかなり辛いです。
DSC00447.JPG


・・・ヘロヘロになってのゴールでした。



ゴール後は休暇村内にある「癒しの湯」で心身ともに癒されました。
DSC00452.JPG



トレイルランは走っている時、特に登りはきついのですが、登りきるとさっきまでのきつさを忘れやすいんです。

1日走っても、終わってみると走っていた時の辛さよりは「楽しかった」と思えるのが不思議です。

マラソンにも同様の感覚はありますが、トレランの方がその「忘れ度合」が激しいようです。

「登りきった達成感」や「綺麗な空気や景色」がそうさせているのかもしれませんが、これがトレランの魅力の一つではないかと私は思います。

この競技にハマって抜けられない人が多いこともよくわかります。




来週はいよいよ本番の44.2qです。

苦しんで苦しんで、楽しみたいと思います。




posted by あぐり at 22:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 練習日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。